オリジナル焼き印を作ってみよう

「今度焼き印作るからさ、おいでよ」

工房chinen chinenオーナーの今井さんに誘われて、興味津々で向かったある日。

字知念の集落を海沿いに降りていくと、途中の高台に今井さんの工房があった。

 image1

 糸ノコの使い方をレクチャー中。

 

3cm四方の金属板を好きなデザインにカットして、それを別の同サイズの金属板に溶接するというプログラム。

取っ手を付ければ焼き印になり、そのままであればプレス用にもなるという。

 

早速デザインを描いた紙を銀板に貼り付けて、カット作業に入る。

 image2 

 「えー!!これ難しいよー(笑)!!」と言いつつも声は弾んでいる。

image3

文字の切り抜きに悪戦苦闘中だが、楽しそう!!

 

 てっきり電動カッターを使用すると思っていた私。 (←めんどくさがりな性格がバレてる)

糸ノコ、面白そうだな。

「ギシッギシッ、ギシッギシッ」とノコを引く音がなんとも心地良い。

実際にやれば大変そうだけど(笑)。でも無心になってノコを引くっていいな。

「ここどうすりゃいいのー?」「糸切れちゃったー!!」

という声に、優しく細やかに教えてくれる今井さん。

image4 

彼の愛妻家っぷりは、世の男性に示したくなるほど。

 

 それにしても本当に気持ちいい。

写真でお気づきであろうが、実はウッドデッキでの作業。

涼しい風とキラキラの海と緑、絶景のロケーションなのだ。

image5     image6

このまま昼寝しちゃいたいと思ったのは内緒。

 

 あまりの気持ちよさに、しばし放心状態でいると・・・

おぉー、カット完了。

image7

 

さぁ、カットのお次は溶接。

配置を一緒に確認。希望があれば溶接もさせてくれる。

image8    image9 

 「これは銀ろうってやつで…」と、説明しながら進めてくれる。

自分の作品が出来上がろうとしている、実感が高まってくる瞬間。

 

溶接も終わり、最後の仕上げまでちょっと休憩。その間、アトリエの中を拝見させていただいた。

image10    image11

綺麗で可愛らしいジュエリーがたくさん!ご自宅の一部をアトリエに。

 

 しばらくすると「できたよー!!」今井さんの声が響く。

「おぉーーーーっ!!いい感じだねー!!」

お二人の嬉しそうな声も響く。

image14     image13

 作品名「新月と猫」                            「命を表した形なの」と、嬉しそうな表情。

 

ではでは試してみよう、と電熱器に焼き印をセット。

image15

 酒の肴でも焼いてるんじゃなかろうかと錯覚する光景。

 

待つこと10分。準備された皮に押してみると

image16      image17

 か…可愛い!!!めちゃんこ可愛いじゃないか!!!

誰よりも興奮してカメラのシャッターを切っていたのは私だった。

chinen chinenでは、この他にも様々なジュエリーのを制作や金属加工を手掛けている。

今後は体験コースも展開するそうなので、随時HPをチェックしてみて。

image18

 「待ってるわよ」   看板娘:りんご15歳

 

こうして、見事オリジナル焼き印づくりは成功した。

考えてみれば、私は今まで自分だけの作品というのを学生以来作ったことがない。

ましてやオリジナルマークなんて考えたこともなかった。

この取材が終わるころには、頭の中は「どんなマークを作ろうか」とイメージでいっぱいに。

今度は私が体験しよう。「私だけのもの」、ひとつずつ増やしていこう。

 

atelier chinen*chinen

901-1513 沖縄県南城市知念知念115

TEL/FAX 098-949-7013

営業時間 だいたい11:00〜17:00頃まで

定休日  火・水・木曜日(その他、仕入れや展示会等で臨時休業あり)

駐車場  3台

おすすめ記事

IMG_8850

2014.12.19食べる

CAFE 風樹

外観

2015.02.16買う

沖縄のハワイ!?